東京三味線(読み)とうきょうしゃみせん

事典 日本の地域ブランド・名産品の解説

東京三味線[祭礼・和楽器]
とうきょうしゃみせん

関東地方、東京都の地域ブランド。
台東区・豊島区文京区などで製作されている。江戸では、寛永の頃、現在の三味線音楽の基礎ができ、歌舞伎長唄義太夫などの邦楽の発達とともに三味線づくりも発達した。棹の部分には紅木紫檀・樫・花櫚・桑などが使われる。皮張りには猫や犬の皮を使用。ほぼ全工程を一人で製作する。東京都伝統工芸品。

出典 日外アソシエーツ「事典 日本の地域ブランド・名産品」事典 日本の地域ブランド・名産品について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

寒暖差アレルギー

寒暖の差により鼻の奥の毛細血管が詰まり、鼻の粘膜が腫れることで起きる鼻炎。医学的には血管運動性鼻炎の一種とされる。多くの場合秋から冬にかけて1日の寒暖差が大きい時期や冷房による急な温度変化などにより起...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

東京三味線の関連情報