東京公論(読み)とうきょうこうろん

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典「東京公論」の解説

東京公論
とうきょうこうろん

星亨の機関紙として 1887年創刊された『公論新報』を,89年に『朝日新聞』の村山龍平が買収して改題し発行した新聞。末広鉄腸が迎えられて主筆となった。 89年4月に『ロンドン・タイムズ』が条約改正案をスクープしたのをきっかけに条約改正論が沸騰したときには,大隈外相攻撃の先頭に立ち,弾圧された。やがて『国会』に吸収合併された。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

法人税

法人税法 (昭和 40年法律 34号) に基づき法人の所得などについて課せられる国税。国税中所得税と並び収納額が多い。法人所得税と意味は同じである。納税義務者は,日本国内に本店または主たる事務所をもつ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android