東京都世田谷区(読み)せたがや〈く〉

日本の地名がわかる事典の解説

〔東京都〕世田谷〈区〉(せたがや〈く〉)


東京都区部南西部、23特別区の一つ。
武蔵野台地南東部に位置し、南西は多摩川を挟んで川崎市に接する。人口は23区中最大の地区。江戸時代は近郊農村地帯であったが、明治中期以降に軍事施設がおかれて都市化。第二次世界大戦後、軍用地が住宅地や病院・大学用地などに転用された。住宅地に混在して駒澤大学・成城(せいじょう)大学ほか多数の大学・文化施設が立地する学園都市。成城は高級住宅街として有名。下北沢・三軒茶屋・二子玉川(ふたこたまがわ)園駅周辺は商店街。豪徳(ごうとく)寺(曹洞宗)(彦根藩主井伊家墓所は国指定史跡)、蘆花恒春園(ろかこうしゅんえん)、馬事公苑(ばじこうえん)など名所・旧跡が多い。砧(きぬた)公園と駒沢公園は区民の憩いの場。多摩川沿岸に緑地帯が広がり、近くに等々力(とどろき)渓谷がある。中世末期の楽市を起源とする世田谷のボロ市は、年末年始の風物詩。

出典 講談社日本の地名がわかる事典について 情報 | 凡例

今日のキーワード

出入国在留管理庁

政府が2019年4月に発足を予定している法務省の外局。18年12月の出入国管理法改正案成立に伴う外国人労働者の受け入れ拡大に対応するため、同省の内部部局である入国管理局を再編・格上げし、新設することが...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

東京都世田谷区の関連情報