東北自動車道(読み)トウホクジドウシャドウ

デジタル大辞泉の解説

とうほく‐じどうしゃどう〔‐ジドウシヤダウ〕【東北自動車道】

東京から仙台・盛岡・弘前の各市を経て青森市に至る東北縦貫自動車道弘前線の通称。昭和62年(1987)全通。岩手県八幡平(はちまんたい)市で分岐し、八戸市経由で青森市に至る東北縦貫自動車道八戸線は八戸自動車道の通称で一部供用中。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

百科事典マイペディアの解説

東北自動車道【とうほくじどうしゃどう】

東京都練馬区から宇都宮市・郡山市・仙台市・北上市を経て青森市に至る高速自動車国道。総延長は約699km(ほかに八戸線67km)。1987年全線開通。北上市,郡山市で東北横断自動車道などと接続する。路線名は東北縦貫自動車道弘前線。
→関連項目本宮[市]

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

今日のキーワード

ブラックフライデー

米国などで、感謝祭(11月第4木曜日)の翌日の金曜日のこと。休日とする職場が多く、商店にとってはクリスマス商戦の初日に当たる。「ブラック」は、買い物客による混雑、または黒字を連想させることから。→サイ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

東北自動車道の関連情報