コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

東医宝鑑 とういほうかん

百科事典マイペディアの解説

東医宝鑑【とういほうかん】

朝鮮王朝時代の医書宣祖の命をうけた許浚(ホ・ジュン)が1597年,朝鮮,中国の医書を集めて編纂に着手し1610年に完成,1613年に刊行された。内景(内科),外形(外科),雑編(流行病,婦人病,小児病など),湯液(薬方),鍼灸の各編に分かれ,各病下に処方を付している。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

とういほうかん【東医宝鑑】

朝鮮,李朝時代の医書。23編25巻。宣祖の命をうけた許浚が1597年,朝鮮,中国の医書を集めて編纂に着手し,1613年に刊行した。内景(内科),外形(外科),雑編(流行病,霍乱(かくらん),婦人病,小児病),湯液(薬方),鍼灸の各編に分かれ,各病下に処方を付す。朝鮮第一の医書として評価が高く,広く流布した。早く中国,日本にも伝わり,江戸幕府の官版をはじめ,それぞれ多くの版を重ねた。【吉田 光男】

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

東医宝鑑の関連キーワードトンイボガン郷薬集成方丹羽正伯光海君

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android