東南海南海地震対策大綱(読み)トウナンカイナンカイジシンタイサクタイコウ

デジタル大辞泉の解説

とうなんかい‐なんかいじしん‐たいさくたいこう〔‐ナンカイヂシンタイサクタイカウ〕【東南海・南海地震対策大綱】

大規模な東南海地震南海地震の発生に備えて、被害の予防から被災後の復旧復興までの対策をまとめた地震防災の基本計画。平成15年(2003)に中央防災会議策定。津波防災、広域災害への対応、住宅・公共施設の耐震化などの予防対策、後発地震による災害拡大の防止、インフラライフラインの迅速な復旧と被災地域の計画的復興などについて定めている。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

スロースリップ

地球の表面を構成するプレートの境界面において、プレートがゆっくりと滑って移動する現象。この移動が一気に起きるとプレート境界地震になる。プレートどうしが強く固着した、アスペリティーと呼ばれる領域以外で生...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android