コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

南海地震 なんかいじしん

5件 の用語解説(南海地震の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

南海地震
なんかいじしん

1946年12月21日4時19分頃,紀伊半島四国地方を中心に発生したマグニチュードM)8.0の大地震。断層域の大きさは 80×120km2と推定されている。震央は北緯 32°56′,東経 135°51′で,最大有感距離は約 750km。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

南海地震

南海地震は海側のプレート(岩板)が日本列島が乗る陸側のプレートの下にもぐりこみ、陸側のプレートが跳ね上がることで起こる。684年の白鳳南海地震以降、10回の南海地震があったとされている。政府の地震調査研究推進本部は、次の南海地震の発生確率について、10年以内10%程度、30年以内50%程度、50年以内80〜90%と推定。想定規模はマグニチュード8・4(東南海地震との同時発生で8・5)。

(2006-12-17 朝日新聞 朝刊 2総合)

出典|朝日新聞掲載「キーワード」
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

なんかい‐じしん〔‐ヂシン〕【南海地震】

紀伊半島沖から四国沖にかけての地域を震源に発生する大地震。天武天皇13年(684)、正平16年(1361)、宝永4年(1707)、安政元年(1854)、昭和21年(1946)と、繰り返し発生している。特に昭和21年(1946)12月21日の地震(マグニチュード8.0)では、津波を伴い甚大な被害を及ぼした。死者1330人。家屋全壊1万1591戸。南海道地震。→三連動地震

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

南海地震【なんかいじしん】

1946年12月21日,九州・近畿・中国・四国にわたり大被害を与えた地震。南海道地震とも。マグニチュード8.0。震源地は潮岬南西方50km付近。大津波があり,室戸岬で1.27m,足摺岬で0.6m地盤が隆起し高知や須崎で1.2m沈下して水田15km2が海面下に没した。
→関連項目南海トラフ

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

南海地震
なんかいじしん

紀伊半島潮岬(しおのみさき)沖で発生した地震。わが国では南海地震とよべる地震が8回あった。これらの地震の発生間隔は約90~250年とさまざまである。南海地震が発生したときに出現する随伴現象は、現在の高知市付近の地盤沈下と室戸岬(むろとざき)の隆起、および和歌山県南西部にある湯の峰温泉の湯の湧出(ゆうしゅつ)量の異変などであった。8回の地震のうち4回については、南海地震の前2年以内に東海地震が発生している。1946年(昭和21)の地震は、未明の4時19分ころに発生し、震源の深さは20キロメートルで、津波が伊豆から九州の太平洋岸を襲った。高知県での被害が最大であったが、被害は全体で死者・行方不明1432人、全半壊住家3万5078、流失家屋1451、焼失家屋2598などであった。この地震のあと九州の中央構造線沿いの地域の地震活動が活発になった。[宇佐美龍夫]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の南海地震の言及

【南海道地震】より

…南海地震ともいう。1946年12月21日紀伊半島南方から四国沖に起こった巨大地震で,マグニチュードは8.1に達した。…

※「南海地震」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

南海地震の関連キーワードプレート境界地震プレート間地震東南海・南海地震海溝型地震連動地震東海、東南海、南海地震東南海地震と南海地震地震のタイプ東海地震と東南海地震南海トラフと安政東海・南海地震

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

南海地震の関連情報