コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

東南海地震 トウナンカイジシン

デジタル大辞泉の解説

とうなんかい‐じしん〔‐ヂシン〕【東南海地震】

昭和19年(1944)12月7日、紀伊半島沖で発生したマグニチュード7.9の地震。東海・近畿地方を襲った。熊野灘沿岸で6~8メートル、遠州灘(えんしゅうなだ)沿岸で1~2メートルの津波が発生。紀伊半島東岸では30~40センチメートル地盤が沈下した。死者・行方不明者1223人。→三連動地震
[補説]明応7年(1498)、慶長9年(1605)、宝永4年(1707)、安政元年(1854)にも東海地震南海地震と連動して発生している。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

百科事典マイペディアの解説

東南海地震【とうなんかいじしん】

1944年12月7日,東海・近畿地方を襲った地震。震源は東経136°12′,北緯33°42′の紀伊半島沖,マグニチュード8.0,尾鷲ほか熊野灘沿岸で8〜10mの大津波。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

とうなんかいじしん【東南海地震】

1944年12月7日紀伊半島東側の熊野灘を中心に起こった巨大地震で,マグニチュードは8.0に達する。被害は静岡,愛知,三重,岐阜,奈良,和歌山各県にわたって,死者998人,重傷3059人,家屋の全壊2万6130,半壊4万6950におよび,特に第2次世界大戦中の名古屋重工業地区で大きい被害を生じた。地震後,津波が伊豆半島から紀伊半島の太平洋岸各地を襲い,波高は伊豆下田と御前崎で2m,伊勢湾沿岸で1~2m,熊野灘沿岸で6~8mに達し,津波による家屋流失3059に上った。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

とうなんかいじしん【東南海地震】

1944年(昭和19)12月7日、紀伊半島南東沖の熊野灘・遠州灘海底に発生した地震。マグニチュード7.9。大津波を発生し、主として津波により死者約一〇〇〇人を出した。家屋倒壊流失約五〇〇〇〇戸。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

東南海地震
とうなんかいじしん

1944年(昭和19)12月7日13時35分ころ、紀伊半島南東沖に発生した地震。規模はM8.0。震源の深さは30キロメートルであった。第二次世界大戦中のことであり、被害などの調査は十分には行われなかったが、死者998人、全半壊の住家は約7万戸にも及び、被害の大きかった地方は三重・愛知・静岡各県の沿岸域であった。津波は伊豆半島から紀伊半島の沿岸を襲った。震源域は熊野沖から遠州沖へかけての広い地域であるが、駿河(するが)湾内は破壊しなかったと考えられている。1854年(安政1)12月23日の安政(あんせい)地震のときには、駿河湾内も破壊したといわれる。このことが、近い将来に駿河湾内を震源とする東海地震の発生の予測の一つの根拠となっている。[宇佐美龍夫]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

東南海地震の関連キーワード海洋研究開発機構の地震・津波観測監視システム地震・津波観測監視システム(DONET)大分に影響を与える可能性がある主な地震地震・津波観測監視システム東南海南海地震対策大綱東南海地震と南海地震ドーナツ現象[地震]南海トラフ巨大地震東南海・南海地震地震発生確率評価紀伊半島沖の地震東南海・三河地震地震の発生確率防災リテラシー南海トラフ地震地震調査委員会プレスリップ地域防災の日名古屋(市)南海トラフ

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

東南海地震の関連情報