コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

東坊城和長 ひがしぼうじょう かずなが

美術人名辞典の解説

東坊城和長

室町後期の公卿。長清の子。大内記に任ぜられた。紹に参禅して棲竹と号する。権大納言正二位に至り、のちに氏の長者となる。享禄2年(1529)歿、70才。

出典 (株)思文閣美術人名辞典について 情報

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

東坊城和長 ひがしぼうじょう-かずなが

1460-1530* 戦国時代の公卿(くぎょう)。
寛正元年生まれ。東坊城長清の子。明応3年岐翁紹禎(ぎおう-しょうてい)に戒をうけた。文亀(ぶんき)元年文章(もんじょう)博士のまま参議となり,大蔵卿をへて権(ごんの)大納言,正二位にのぼる。日記「和長卿記」などをのこした。享禄(きょうろく)2年12月20日死去。70歳。法名は宗鳳。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

東坊城和長の関連キーワード東坊城長淳戦国時代

今日のキーワード

OAR

2018年の平昌五輪に国家資格ではなく個人資格で参加したロシア国籍の選手のこと。「Olympic Athlete from Russia(ロシアからの五輪選手)」の略。14年ソチ五輪での組織的なドーピ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android