コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

東大寺大仏鋳造の遺物 とうだいじだいぶつちゅうぞうのいぶつ

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

東大寺大仏鋳造の遺物
とうだいじだいぶつちゅうぞうのいぶつ

東大寺大仏は8世紀半ばの聖武天皇の世に国家の総力をあげて鋳造された盧舎那仏のことである。高さ5丈3尺6寸 (約 16m) ,重量 250t,全身に塗金されていた。その鋳造工事は整地版築塑像 (原型) づくりと進んだのち,型取り・鋳込みを何回も繰り返して下部から上部へと制作されたと思われる。近年,「宮」などの記述のある木簡 220余点と溶銅塊・溶解炉の破片など,その鋳造工事の遺物が大仏殿西側の回廊外の傾斜地から発見された。「宮」は光明皇后の大仏建立への協力を示すものとされる。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

東大寺大仏鋳造の遺物の関連キーワード東大寺大仏

今日のキーワード

奨学金破産

学生が国の奨学金制度を利用したものの、返済の目途が立たずに自己破産すること。国内の自己破産の総件数は2003年をピークに減少傾向にあるが、このうち奨学金関連の破産は3000人前後の状況が続いており、1...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android