コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

東太郎兵衛 あずま たろべえ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

東太郎兵衛 あずま-たろべえ

1787-1840 江戸時代後期の殖産家。
天明7年生まれ。大和吉田村(奈良県山添村)の農民商品作物の導入をはかり,杉の植林をはじめ,梅,柿,蒟蒻(こんにゃく)の栽培をすすめる。また茶の苗木を伊勢(いせ)(三重県)からもちかえり,作付けをふやして製茶業を発展させ,大和茶の祖とよばれた。天保(てんぽう)11年死去。54歳。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

東太郎兵衛の関連キーワード寛政の改革自転車オセアニア史(年表)アヘン戦争シュティフターレールモントフ寛政改革フェデラリスツセシーユ桂川甫粲

今日のキーワード

あおり運転

危険運転の一種で、前方を走行する車両に対する嫌がらせ行為。車間距離を極端に詰めて道を譲るように強要する、猛スピードで追い回す、ハイビームやパッシング、並走しての幅寄せなどで威嚇する、といった行為が該当...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android