コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

東峰夫 ヒガシミネオ

2件 の用語解説(東峰夫の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

ひがし‐みねお〔‐みねを〕【東峰夫】

[1938~ ]小説家。フィリピンの生まれ。本名、東恩納(ひがしおんな)常夫。沖縄のコザ高校を中退し、米軍嘉手納(かでな)基地で働く。「オキナワの少年」で芥川賞受賞。他に「島でのさようなら」「大きな鳩(はと)の影」など。

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

東峰夫 ひがし-みねお

1938- 昭和後期-平成時代の小説家。
昭和13年5月15日フィリピン生まれ。沖縄のコザ高を中退後,嘉手納(かでな)基地ではたらく。「オキナワの少年」で昭和46年文学界新人賞,47年芥川賞。「島でのさようなら」「大きな鳩の影」など,沖縄の人々をえがきつづける。ほかに「ママはノースカロライナにいる」など。本名は東恩納(ひがしおんな)常夫。

出典|講談社
デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

東峰夫の関連キーワード珪藻土直木賞歴史小説近衛声明芥川賞亡命文学麦と兵隊イノニュ尾崎秀実カリーニン

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone