コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

東常顕 とう つねあき

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

東常顕 とう-つねあき

?-1394 南北朝時代の武将。
東氏村(うじむら)の子。美濃(みの)(岐阜県)郡上郡(ぐじょうぐん)篠脇(しのわき)城主。建武(けんむ)3=延元元年(1336)足利直義(ただよし)の命をうけ,美濃守護土岐氏にしたがって武儀(むぎ)・加茂・山県郡などで後醍醐(ごだいご)天皇方とたたかう。歌人でもあり,作品は「新千載和歌集」などにある。応永元年10月3日死去。一説に康応元=元中6年(1389)とも。法名は素英。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

東常顕の関連キーワード南北朝時代東氏村東師氏

今日のキーワード

明鏡止水

《「荘子」徳充符から》曇りのない鏡と静かな水。なんのわだかまりもなく、澄みきって静かな心の状態をいう。「明鏡止水の心境」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android