コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

東征伝絵巻 とうせいでんえまき

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

東征伝絵巻
とうせいでんえまき

日本に律宗を伝えた唐僧鑑真の伝記を絵巻化したもの。永仁6 (1298) 年制作。紙本着色,5巻。唐招提寺蔵。奥書端書により画工は六郎兵衛入道蓮行,詞書の筆者は美作前司宣方ほか3人で,鎌倉極楽寺の忍性がこれを作らせ,唐招提寺に寄進したことが知られる。都の作品とは異なる作風を示し,東国の風土性をも感じさせる。新来の画風を取入れたともいわれる。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

百科事典マイペディアの解説

東征伝絵巻【とうせいでんえまき】

鑑真が唐から来日して律宗を伝え,唐招提寺を創建するまでの経緯と事跡を描いた絵巻。1298年鎌倉極楽寺の忍性上人が施入したもので,絵は蓮行,詞は美作前司宣方ら4人の筆。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

東征伝絵巻の関連キーワード東征絵伝

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

東征伝絵巻の関連情報