コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

東恩納寛量 ひがしおんな かんりょう

1件 の用語解説(東恩納寛量の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

東恩納寛量 ひがしおんな-かんりょう

1853-1915 明治時代の空手家。
尚泰王6年3月10日生まれ。琉球(沖縄県)那覇(なは)の人。久米村の新垣世璋(せいしょう)に唐手(とーでぃー)(空手)をまなび,さらに清(しん)(中国)にわたり,10年余修業。明治26年ごろに帰国し,那覇を中心に唐手の普及につとめた。弟子に許田(きょだ)重発,宮城長順らがいる。那覇手(なはでぃー)中興の祖。大正4年12月死去。63歳。

出典|講談社
デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

東恩納寛量の関連キーワード高校野球徳川家慶コック=ブロンホフ聖地管理問題専修大学福山藩北欧美術明治維新後藤伊左衛門酒井忠篤

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone