コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

東恩納寛量 ひがしおんな かんりょう

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

東恩納寛量 ひがしおんな-かんりょう

1853-1915 明治時代の空手家。
尚泰王6年3月10日生まれ。琉球(沖縄県)那覇(なは)の人。久米村の新垣世璋(せいしょう)に唐手(とーでぃー)(空手)をまなび,さらに清(しん)(中国)にわたり,10年余修業。明治26年ごろに帰国し,那覇を中心に唐手の普及につとめた。弟子に許田(きょだ)重発,宮城長順らがいる。那覇手(なはでぃー)中興の祖。大正4年12月死去。63歳。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

東恩納寛量の関連キーワード尚泰王

今日のキーワード

主婦休みの日

1、5、9月の25日。年3回。株式会社サンケイリビング新聞社が制定。主婦にはリフレッシュ、ほかの家族には家事を提唱する。年末年始、ゴールデンウィーク、夏休みといった忙しい期間の後に設定されている。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android