コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

東明慧日 とうみょう えにち

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

東明慧日 とうみょう-えにち

1272-1340 元(げん)(中国)の僧。
咸淳(かんじゅん)8年生まれ。曹洞宗(そうとうしゅう)宏智(わんし)派。延慶(えんきょう)2年北条貞時(さだとき)の招きで来日,鎌倉円覚寺住持となる。円覚寺内に白雲庵をたて,いったんは隠退するが,幕府の要請で寿福寺,建長寺などの住持をつとめた。暦応(りゃくおう)3=興国元年10月4日死去。69歳。俗姓は沈。語録に「東明和尚語録」。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

朝日日本歴史人物事典の解説

東明慧日

没年:暦応3/興国1.10.4(1340.10.25)
生年:咸淳8(1272)
鎌倉末期に来日した曹洞宗宏智派の禅僧。「とうみん」ともいう。日本禅宗東明派の祖。明州(浙江省)定海県の沈氏の出身。奉化県(浙江省)の大同寺に出家し,明州府城の天寧寺の直翁徳挙に参じて法を嗣ぐ。はじめ明堂の白雲山宝慶寺に出世開堂したが,延慶2(1309)年に北条貞時の招きに応じて来日した。鎌倉の禅興寺,円覚寺,万寿寺,寿福寺,東勝寺,建長寺などに住し,鎌倉禅林の隆盛に尽力し,臨済宗一色のなかにあって曹洞宗旨の普及に努めた。円覚寺内に白雲庵を構えたため,白雲門徒とも称せられた。『東明和尚語録』が存する。<参考文献>玉村竹二『五山禅僧伝記集成』『五山文学新集』別巻2

(佐藤秀孝)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版朝日日本歴史人物事典について | 情報

東明慧日の関連キーワード中巌円月別源円旨少林如春不聞契聞大拙祖能北条実泰玉村竹二東陵永璵月蓬円見曙蔵主慧日大智

今日のキーワード

俳句甲子園

1998年から松山市で開かれる全国高等学校俳句選手権大会。高校生が5人1組で句の優劣をディベートで競い合う。チームでの勝敗とは別に、個人の最優秀句も選ぶ。今年は過去最多の41都道府県から121校、15...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android