コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

東陵永璵 とうりん えいよ

3件 の用語解説(東陵永璵の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

東陵永璵 とうりん-えいよ

とうりょう-えいよ

東陵永璵 とうりょう-えいよ

1285-1365 元(げん)(中国)の僧。
至元22年生まれ。無学祖元の甥(おい)の子。曹洞宗(そうとうしゅう)宏智(わんし)派の雲外雲岫(うんがい-うんしゅう)の法をつぐ。足利直義(ただよし)の招きで観応(かんのう)2=正平(しょうへい)6年に来日。曹洞宗であったが,京都の天竜寺南禅寺,鎌倉の建長寺・円覚(えんがく)寺などの住持をつとめた。貞治(じょうじ)4=正平20年5月6日死去。81歳。諡号(しごう)は妙応光国慧海慈済禅師。号は「とうりん」ともよむ。語録に「東陵永璵禅師語録」。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

東陵永
とうりょうえいよ
(?―1365)

南北朝時代の曹洞(そうとう)宗宏智(わんし)派の渡来僧。中国四明(しめい)(浙江(せっこう)省)の人。無学祖元(むがくそげん)の俗姪(ぞくてつ)の子で、初め金陵保寧寺の古林清茂(くりんせいむ)に参じ、のち、天童山の雲外雲岫(うんがいうんしゅう)に参じて嗣法(しほう)し、四明天寧寺に住した。足利直義(あしかがただよし)の招聘(しょうへい)により1351年(正平6・観応2)来朝し、西芳(さいほう)寺、天竜寺、南禅寺、建長寺、円覚(えんがく)寺などに歴住し、65年5月6日示寂。元(げん)国皇帝より妙応光国慧海慈済(えかいじさい)禅師の諡号(しごう)を賜っていた。法嗣に中叟善庸(ちゅうそうぜんよう)などがいる。東明慧日(とんみんえにち)とともに曹洞宗で五山派に進出した珍しい人物。語録『東陵日本録(よとうりょうにほんろく)』一巻がある。[石川力山]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

東陵永璵の関連キーワード塩谷温元町丸・元・含・岩・岸・巌・玩・癌・眼・翫・贋・雁・頑・顔・願祖元八元黎元教外得蔵古剣妙快太虚元寿

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone