東明節(読み)とうめいぶし

世界大百科事典 第2版「東明節」の解説

とうめいぶし【東明節】

三味線音楽の種目名。鉄道工業の先駆者,平岡熙(ひろし)(平岡吟舟)が創始した。彼は1877年アメリカから帰国後,汽車の車両製造をはじめる一方河東節(かとうぶし)の山彦秀翁(11世十寸見(ますみ)河東)を後援してその復興に力を尽くしたが,謡曲,一中清元なども学び,みずからくふうして各種の新作を発表した。その新曲世間では平岡節といったが,吟舟を名のった彼は1902年ころから東明節と称した。当時の一流芸能人がこれを学んだので流行,28年ころからは東明流と改めた。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

世界大百科事典内の東明節の言及

【平岡吟舟】より

…実業家で,三味線音楽の東明節(とうめいぶし)の創始者。本名熙(ひろし)。…

【大和楽】より

…1933年大倉財閥の2代目大倉喜七郎(1882‐1963)が創始。邦楽に洋楽の発声をとり入れたもので,東明節(とうめいぶし)の影響も認められる。新邦楽の一つの典型とされ,富崎春昇(1880‐1958),宮川源司(清元栄寿郎,1904‐63),原信子(1893‐1979)らが指導者で,代表的な歌い手は岸上きみ(1898‐1962),三島儷子(1905‐88)らであった。…

※「東明節」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

きらきらネーム

俗に、一般的・伝統的でない漢字の読み方や、人名には合わない単語を用いた、一風変わった名前のこと。名字についてはいわない。どきゅんネーム。[補説]名前に使用する漢字は、戸籍法により常用漢字・人名用漢字の...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android