コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

東沼周曮 とうしょう しゅうがん

1件 の用語解説(東沼周曮の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

東沼周曮 とうしょう-しゅうがん

1391-1462 室町時代の僧。
明徳2=元中8年生まれ。近江(おうみ)(滋賀県)の人。臨済(りんざい)宗。建仁(けんにん)寺の遊叟周芸(ゆうそう-しゅうげい)の法をつぐ。惟肖得巌(いしょう-とくがん)らに詩文をまなび,「荘子」にくわしかった。建仁寺住持をへて文安4年相国寺住持。寛正(かんしょう)3年1月2日死去。72歳。別号に祥光老子,留月道人。著作に「流水集」,語録に「東沼和尚語録」。

出典|講談社
デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

東沼周曮の関連キーワード蓮田兵衛山名氏清首都圏の待機児童イワンイワン[3世]曼陀羅寺小笠原持長近衛政家多賀高忠伊達持宗

今日のキーワード

エンゲルの法則

家計の総消費支出に占める飲食費の割合 (エンゲル係数 Engel coefficientと呼ぶ) は,所得水準が高く,したがって総消費支出が大きいほど低下するというもの。エンゲル係数は国民の消費生活面...

続きを読む

コトバンク for iPhone