コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

東沼周曮 とうしょう しゅうがん

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

東沼周曮 とうしょう-しゅうがん

1391-1462 室町時代の僧。
明徳2=元中8年生まれ。近江(おうみ)(滋賀県)の人。臨済(りんざい)宗。建仁(けんにん)寺の遊叟周芸(ゆうそう-しゅうげい)の法をつぐ。惟肖得巌(いしょう-とくがん)らに詩文をまなび,「荘子」にくわしかった。建仁寺住持をへて文安4年相国寺住持。寛正(かんしょう)3年1月2日死去。72歳。別号に祥光老子,留月道人。著作に「流水集」,語録に「東沼和尚語録」。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

キラウエア火山

ハワイ諸島の南東端、同諸島中最大のハワイ島南東部を占める玄武岩質の活火山。標高1222メートル。島の中央部にあるマウナ・ロア山、マウナ・ケア山と同様に、傾斜が平均6~7度の緩やかな楯状(たてじょう)火...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android