コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

東洋道徳・西洋芸術 とうようどうとくせいようげいじゅつ

世界大百科事典 第2版の解説

とうようどうとくせいようげいじゅつ【東洋道徳・西洋芸術】

幕末の思想家佐久間象山が唱えた観念。道徳や社会政治体制の面では伝統を固持しつつ,科学技術の面では西洋のものを積極的に摂取しようとする思想をいう。類似の思想はすでに新井白石や江戸中期以後の蘭学者に認められるが,幕末の一時期には,とくに西洋軍事技術の導入と関連して,同様の思想が広く現れる。この思想動向は,西洋の文物思想を敵視した攘夷論当初の思想から,近代西洋文明を根底より導入して社会の全面的変革を実現しようとした明治啓蒙思想へいたる,過渡期の産物と考えられるが,象山の〈東洋道徳・西洋芸術〉論はこの動向を代表するものである。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

世界大百科事典内の東洋道徳・西洋芸術の言及

【佐久間象山】より

…幕末の思想家,〈東洋道徳・西洋芸術〉の観念の主唱者。名は啓,通称は修理,象山は号。…

※「東洋道徳・西洋芸術」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

東洋道徳・西洋芸術の関連キーワード省諐録

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android