コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

中体西用論 ちゅうたいせいようろん Zhong-ti xi-yong-lun

6件 の用語解説(中体西用論の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

中体西用論
ちゅうたいせいようろん
Zhong-ti xi-yong-lun

中国,清末の洋務運動 (→洋務派 ) の支柱となった論理。「中国の伝統的な文化,制度,倫理道徳を根本 (つまり,「体」) にして,西洋の科学技術を利用 (つまり,「用」) すべし」という意味。この論の斬新さは,変法論 (→変法自彊運動 ) が現れて力をもつようになると保守性を示すようになるが,中国の改良論としては守旧派と変法派との中間にあって,中間的な役割を果した。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

ちゅうたいせいよう‐ろん【中体西用論】

中国、末の洋務運動の基本思想。中国の伝統的思想・文化・制度を根幹にすえ、運用の面では西洋文明の科学・技術を導入しようとする考え方

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

中体西用論【ちゅうたいせいようろん】

中国ではアヘン戦争太平天国平定の過程で西洋の近代科学技術の優秀性が認識されたが,伝統思想の大きな抵抗があった。そこで洋務運動をすすめていた進歩的官僚は1860年代から〈中国の学問を根本とし,西洋の学問を利用する〉(中学為体,西学為用)という中体西用論を立て西洋文明の導入を図った。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

ちゅうたいせいようろん【中体西用論】

19世紀中ごろ以後,欧米の政治的経済的侵略と学術文化の伝来により,中華意識が動揺した中国において,知識階級の間に形成された欧米学術受容のための思想。中体西用は〈中学(中国の伝統的学術)を体(根本)とし,西学(西洋の近代的学術)を用(応用)とする〉を簡略にした語。その最初の提唱者は馮桂芬(ふうけいふん)で,1861年(咸豊11)〈中国の五倫五常の名教を根本とし,諸国の富強の術を補助とせよ〉と主張した。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

ちゅうたいせいようろん【中体西用論】

清末の洋務運動の基本的思想。中国の伝統思想を本体とし、西欧の科学・技術を導入しようとする考え方。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

中体西用論
ちゅうたいせいようろん

(しん)末の洋務運動(1860~90)の基本思想。アヘン戦争、アロー戦争、太平天国鎮圧の過程で西欧の圧倒的武力を体験した中国では、開明的な官僚や知識人の間に、西洋文明を摂取して富国強兵を図ろうとする動きが起こった(洋務運動)。彼らは、当時根強く残っていた夷狄(いてき)排撃・伝統固守の勢力に対して、西洋文明導入を合理化するために、中華の伝統文明が「体」(本体、根本理念)であり、西洋文明は「用」(実用、応用)にすぎず(中学為体、西学為用)、したがって、これを導入することは中華の道を損なうものではなく、反対にこれによって富国強兵を実現することで聖賢の道統を保持できると主張した。これがいわゆる中体西用論である。この論理は西洋文明摂取に大きく道を開き、のちには軍事技術にとどまらず、行政・教育制度の改革にまで拡大されたが、やがて民権論が台頭してくると、君臣の道こそ「中学」の精髄であるとしてこれを抑圧する役割を担うようになった。[丸山松幸]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の中体西用論の言及

【西学】より

…そして魏源を継承して,軍事を中心とする殖産興業を目的とした李鴻章らの洋務運動が推進された。その指導理念となったのは,馮桂芬(ふうけいふん)の〈中体西用論〉である。江南製造総局翻訳館(1868設立)による膨大な西書翻訳事業も,その理念にもとづいている。…

【張之洞】より

…その間,西洋の科学技術の優位をみとめて軍需,紡績工場を設け,ドイツ式の新式軍隊をつくるなど殖産興業,富国強兵に尽力した。そうした開明的官僚ではあったが,西洋文明の基盤となっている民主思想や議会制度に対しては拒否反応を示し,中国の伝統を重んじる〈中国を体とし西洋を用とする〉という,中体西用論をのりこえることができなかった。だが彼が海外に送った留学生のなかから,清朝打倒を主張する革命家が輩出,その死の2年後,共和制の中華民国が誕生した。…

【馮桂芬】より

…翰林院編修を授けられたが,父母を相次いで失うとともに,その間,太平天国に郷里がまきこまれたこともあって,仕官の意を断ち,李鴻章の幕友として,洋務運動に協力した。中体(ちゆうたい)西用論の立場から,西洋の科学技術を積極的に導入し,かつ中国人がみずから製造修理の能力を養うことをも力説した。これは外国人にだけすべてを頼る洋務論の水準を超えたものであった。…

※「中体西用論」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

中体西用論の関連キーワードカイラワーン政治スト鉄道日本府普通選挙経済ブロックパワーゲーム政治的行為ビスコンティ家教育の政治的中立

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone