コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

東流斎馬琴(初代) とうりゅうさい・ばきん

1件 の用語解説(東流斎馬琴(初代)の意味・用語解説を検索)

朝日日本歴史人物事典の解説

東流斎馬琴(初代)

没年:安政4.8.19(1857.10.6)
生年:享和1(1801)
江戸後期の講釈師。本名吉田常吉。2代目森川馬谷の弟子で,芸名は『八犬伝』の著者曲亭馬琴に因んだもの。博識で弁才に優れていた。それまでの棒読みを改め老若男女ごとに音調を変えて演じたり,身振りを加えたりする俗受けの手法で人気者となった。後年大坂に赴きここでも多くの弟子を育てた。同地で客死。2代目は高弟であった娘婿の琴調(通称琴調馬琴)が継いだ。江戸での墓は2代目が建立,信入院(台東区鳥越)に現存する。馬琴の名跡は現代までに6代を数えるが,3代目までは東流斎,4代目から宝井を名乗っている。

(吉沢英明)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

東流斎馬琴(初代)の関連キーワード空板講釈師石川一夢神田伯竜(初代)神田伯竜(3代)乾坤坊良斎吉田一保吉田天山

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone