コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

宝井馬琴 タカライバキン

デジタル大辞泉の解説

たからい‐ばきん〔たからゐ‐〕【宝井馬琴】

講談師。
(5世)[1903~1985]愛知の生まれ。本名、大岩喜三郎。講談協会会長を務め、「寛永三馬術」「加賀騒動」などを得意とした。
(6世)[1935~2015]静岡の生まれ。本名、山梨務。講談協会会長を務め、武家物修羅場読みを得意とした。紫綬褒章受章。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

たからいばきん【宝井馬琴】

講談師。江戸後期より現在まで4代を数えるが,2代までは東流斎馬琴といった。(1)初代 生没年不詳。本名吉田常吉。2代森川馬谷の門に入り,戯作者曲亭馬琴を思慕してこの名を名乗った。単なる記録読みから,対話を中心とした世話講談の手法を確立し,講談の大衆化に成功した。(2)2代 初代門下の琴調が継いだ。生没年不詳。(3)3代(1852‐1928∥嘉永5‐昭和3) 初代の孫で本名小金井三次郎。軍談を読んでは天下一品とうたわれた。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

たからいばきん【宝井馬琴】

(五代)(1903~1985) 講釈師。本名、大岩喜三郎。愛知県に生まれ、先代に入門。「寛永三馬術」などを得意とし、明快な読み口で人気を得た。講談協会会長を務めた。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

宝井馬琴
たからいばきん

講釈師。3代まで東流斎(とうりゅうさい)。4代の父が松浦侯から宝井の姓を許され、東流斎改め宝井琴凌(きんりょう)を名のったため、4代から宝井となる。
初代(1801―1857)本名吉田常吉。2代森川馬谷(ばこく)に師事。登場人物の音声を変えて読み、従来男性中心の講釈場に婦女子を集めた。門弟63人に及んだが、大坂に上ってさらに36人の門弟を育て、客死。
2代生没年、伝未詳。初代の長女の婿。琴調より2代目を襲ったが不遇。なお大阪に2代目を自称する者がいたが、代数には数えない。
3代生没年、伝未詳。力士伝を得意とした。
4代(1852―1928)本名小金井三次郎。岡田姓を初代小金井芦洲(ろしゅう)の遺言により改める。初代宝井琴凌の実子で小琴凌。17歳で父に別れ、初代西尾麟慶(りんけい)の門に入り、1880年(明治13)2代琴凌、1898年4代馬琴を襲名。軍記物を得意とし、『三国志』『関東七人男』などで評判をとる。強記で『講談界昔話』を残す。大正期釈界の指導者。
5代(1903―1985)本名大岩喜三郎。愛知県生まれ。4代目の弟子。1933年(昭和8)5代目を襲名。明瞭(めいりょう)な読み口で、『寛永三馬術(かんえいさんばじゅつ)』などを得意とした。
6代(1935―2015)本名山梨務。静岡県出身。1959年(昭和34)先代の門に入り、琴調となる。1966年4代琴鶴(きんかく)を襲名、1987年6代目を襲名。修羅場(ひらば)の普及に尽力し、2代松林伯円の顕彰につとめ、伯円忌を中心となって営んだ。[延広真治]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

宝井馬琴の関連キーワード小金井 芦洲(3代目)伊東 凌潮(7代目)宝井 琴凌(3代目)宝井 馬琴(4代目)宝井 馬琴(5代目)松林 伯円(2代目)桃川 若燕(2代目)小金井芦洲(3代)一龍斎貞山(7世)松林伯円(2代)宝井馬琴(6代)田辺南竜(5代)宝井馬琴(4代)田辺南龍(5世)宝井馬琴(5世)宝井馬琴(6世)寛永三馬術馬場 光陽11月9日加賀騒動

今日のキーワード

ムガベ大統領

1924年、英植民地の南ローデシア(現ジンバブエ)生まれ。解放闘争に参加し、80年にジンバブエを独立に導いた。同年から首相、87年から大統領として実権を握り続けた。2000年以降は白人農場主の農園を強...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

宝井馬琴の関連情報