コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

東西庵南北 とうざいあん なんぼく

2件 の用語解説(東西庵南北の意味・用語解説を検索)

美術人名辞典の解説

東西庵南北

江戸中期の戯作者。通称は朝倉力蔵、のち藤八、別号に葛飾偶人・六極園等。本所竹町に住み板木師を業としたが、浮世絵を能くし、傍ら戯作を著わした。著作は主として合巻本で、『復讐源五郎鮒魚』『女庭訓喜左衛門茶盌』等数十部ある。文政10年(1827)歿、60才。

出典|(株)思文閣
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

東西庵南北 とうざいあん-なんぼく

?-1827 江戸時代後期の戯作(げさく)者。
江戸の人。文化-文政のころ合巻本を多数あらわす。本業は版木師。浮世絵,狂歌にもすぐれ,五側(ごがわ)(石川雅望(まさもち)社中)の判者もつとめた。文政10年7月死去。六十余歳。姓は朝倉。通称は力蔵,藤八。狂名は吾妻楼手前。別号に葛飾偶人,梅山人南北。作品に「復讐源吾良鮒魚(かたきうちげんごろうぶな)」など。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

東西庵南北の関連キーワード戯作者赤城山人華街桜山人鶴鳴堂主人紀尾佐丸桜鯛助昇亭岐山立川銀馬瓢亭百成三熊野文丸

今日のキーワード

災害派遣

天災地変その他の災害に際して,人命または財産の保護のために行なわれる自衛隊の派遣。災害出動ともいう。都道府県知事などの要請に基づいて,防衛大臣が派遣することを原則とするが,特に緊急を要する場合,要請を...

続きを読む

コトバンク for iPhone