コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

東遊び アズマアソビ

デジタル大辞泉の解説

あずま‐あそび〔あづま‐〕【東遊び】

古く東国地方で、風俗歌に合わせて行われた民俗舞踊平安時代から、宮廷・貴族・神社の間で神事舞の一つとして演じられた。歌方(うたいかた)は笏拍子(しゃくびょうし)を持ち、笛・篳篥(ひちりき)和琴(わごん)の伴奏で歌い、四人または六人の舞人近衛(このえ)武官の正装などをして舞う。現在は宮中や神社の祭礼で行われる。東舞(あずままい)。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

あずまあそび【東遊び】

上代、東国の歌舞の意。東国地方の風俗歌に合わせて舞う民間舞踊であったが、平安時代に雅楽の一曲として形式が整えられた。舞人は四人または六人。歌手八人の楽で演奏する。舞に駿河舞・求子もとめご舞があり、二つを舞うと諸舞もろまい、後者のみを舞うと片舞という。中世には廃れたが、江戸時代に再興され、宮中の祭儀や神社の祭礼に行われている。東舞あずままい

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

東遊びの関連キーワード東照宮千人行列江戸時代笏拍子駿河舞和琴近衛篳篥雅楽求子祭儀歌舞上代歌笛

今日のキーワード

グランピング

「グラマラス(Glamorous)」と「キャンピング(Camping)」を掛け合わせた造語で、ホテル並みの設備やサービスを利用しながら、自然の中で快適に過ごすキャンプのこと。従来型のキャンプとは一線を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android