コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

東雲節 シノノメブシ

デジタル大辞泉の解説

しののめ‐ぶし【東雲節】

明治後期の流行歌。名古屋の娼妓(しょうぎ)東雲の脱走事件を風刺したものとも、名古屋旭新地の東雲楼の娼妓のストライキから生まれたともいわれ、演歌師によって全国に広まった。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

しののめぶし【東雲節】

1900年(明治33)頃から流行したはやり唄。源流は演歌師の鉄石・不知山人の「ストライキ節」。名古屋の娼妓しようぎ東雲が米人宣教師の助力で退楼した事件によるという。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

東雲節
しののめぶし

明治の流行歌。作詞・作曲者未詳。歌詞のなかで「東雲のストライキ」と歌うため、『ストライキ節』ともいう。1900年(明治33)に救世軍による廃娼(はいしょう)運動が盛り上がり、大審院の判決や内務省の取締規則によって、娼妓(しょうぎ)の自由廃業は支持された。そのころ、東雲と名のる名古屋の娼妓がアメリカ人宣教師モルフィの援助により、楼主に勝って自由解放の身となった。この一件が歌に託されたといわれている。「何をくよくよ川端柳」と歌い出す歌詞は、都々逸(どどいつ)でも周知のポピュラーなもので、『鉄道唱歌』の後を受け、1900年から日本各地で流行した。[倉田喜弘]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

東雲節の関連キーワードはやり唄助力鉄石俗曲

今日のキーワード

所信表明演説

政府の長が施政に関する考え方を明らかにするために行う演説。日本の国会では、臨時国会や特別国会の冒頭に内閣総理大臣が衆議院および参議院の本会議場で行い、当面の問題を中心にその国会における内閣の方針を示す...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

東雲節の関連情報