東雲節(読み)シノノメブシ

大辞林 第三版の解説

しののめぶし【東雲節】

1900年(明治33)頃から流行したはやり唄。源流は演歌師の鉄石・不知山人の「ストライキ節」。名古屋の娼妓しようぎ東雲が米人宣教師の助力で退楼した事件によるという。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

東雲節
しののめぶし

明治の流行歌。作詞・作曲者未詳。歌詞のなかで「東雲のストライキ」と歌うため、『ストライキ節』ともいう。1900年(明治33)に救世軍による廃娼(はいしょう)運動が盛り上がり、大審院の判決や内務省の取締規則によって、娼妓(しょうぎ)の自由廃業は支持された。そのころ、東雲と名のる名古屋の娼妓がアメリカ人宣教師モルフィの援助により、楼主に勝って自由解放の身となった。この一件が歌に託されたといわれている。「何をくよくよ川端柳」と歌い出す歌詞は、都々逸(どどいつ)でも周知のポピュラーなもので、『鉄道唱歌』の後を受け、1900年から日本各地で流行した。[倉田喜弘]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典の解説

しののめ‐ぶし【東雲節】

明治時代の流行歌。歌詞の中の「シノノメノ ストライキ」が曲名となった。その起源は明治三一年(一八九八)ころ名古屋の娼妓佐野ふみ(源氏名、東雲)が楼主の脅迫に堪え切れず、米人宣教師モルフィ(U.S.Murphy)の家に脱走した事件を風刺した歌。名古屋の遊郭旭新地の東雲楼の娼妓のストライキから生まれたからとも、熊本の二本木遊郭の東雲楼のことをうたったからともいうが誤りである。演歌師によって全国的に広がった。ストライキ節。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

特定非常災害

著しく異常かつ激甚な非常災害。死者・行方不明者・負傷者・避難者などの罹災者(りさいしゃ)および住宅の倒壊などの被害が多数発生し、交通やライフラインが広範囲にわたって途絶し、これによって地域全体の日常生...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android