コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

東雲 しののめ

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

東雲
しののめ

東京都江東区南部,東京湾埋立て地。辰巳運河,雲運河などで囲まれ,鉄鋼関係の大工場が立地している。首都高速湾岸線が通る。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

しののめ【東雲】

夜が明けようとして東の空が明るくなってきたころ。あけがた。あけぼの。「東雲の空」

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

しののめ【東雲】

東の空がわずかに明るくなる頃。夜明け方。あけぼの。 「 -の別れを惜しみ我ぞまづ鳥よりさきになきはじめつる/古今 恋三」 〔古代、住居の明かり取りの部分に篠竹を編んでいたが、その篠竹の目が明るくなる意から、という〕

とううん【東雲】

東方の雲。
あけがた。しののめ。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

東雲の関連キーワード成田空港周辺の主な航空写真スポット江東区のコミュニティサイクル田舎源氏(歌舞伎舞踊劇)十寸見河東(5代)十寸見河東(5世)愛媛県松山市丸之内十寸見河東(7世)十寸見河東(7代)土屋安親(5代)後藤清乗(2代)松山東雲女子大学笠家左簾(3代)西村 白雲郷有東木の盆踊ストライキ節篠目保雅楽檜原悠里子藤原 松園二〇加煎餅角藤定憲

今日のキーワード

隗より始めよ

《中国の戦国時代、郭隗(かくかい)が燕(えん)の昭王に賢者の求め方を問われて、賢者を招きたければ、まず凡庸な私を重く用いよ、そうすれば自分よりすぐれた人物が自然に集まってくる、と答えたという「戦国策」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

東雲の関連情報