コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

杵屋六三郎(8代) きねや ろくさぶろう

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

杵屋六三郎(8代) きねや-ろくさぶろう

1841-1906 明治時代の長唄三味線方。
天保(てんぽう)12年生まれ。杵屋照(てる)の夫。7代杵屋六三郎の門弟。前名は5代長次郎。明治7年8代六三郎をつぎ,26年3代六翁とあらためる。明治39年1月16日死去。66歳。本名は大槻金太郎。作品に「王政復古」。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

杵屋六三郎(8代)の関連キーワード明治時代天保

今日のキーワード

存亡の機

引き続き存在するかここで滅びてしまうかという非常に重大な時。存亡の秋(とき)。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android