コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

杵屋六左衛門(14世) きねやろくざえもん[じゅうよんせい]

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

杵屋六左衛門(14世)
きねやろくざえもん[じゅうよんせい]

[生]1900.10.6.
[没]1981.8.23.
長唄唄方の家元。本名安彦。 13世六左衛門の子。 14世杵屋喜三郎を経て,1916年 14世六左衛門を襲名。六左衛門の名跡は代々三味線方であったが,父および4世吉住小三郎に師事し,唄方として活躍した。『楢山節考』『壇ノ浦』など多くの作曲もある。 14世没後は次女六左が 15世を継承。なお,六左衛門の代数は1世杵屋勘五郎以来の宗家としての代数で,六左衛門の名跡が 15世続いたものではない。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

杵屋六左衛門(14世)の関連キーワードホンダ・エレクトロ・ジャイロケータ[各個指定]芸能部門[各個指定]工芸技術部門セントルイス・カージナルスベルトルッチデビスカップ東南アジアの映画与謝野晶子ラジャイ北川透

今日のキーワード

金城湯池

1 《「漢書」蒯通伝から。「湯池」は熱湯をたたえた堀》守りが非常に固く、攻めるのが難しい城。金湯。2 堅固で、他から侵害されにくい勢力範囲。「保守派の金城湯池」...

続きを読む

コトバンク for iPhone