コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

吉住小三郎(4世) よしずみこさぶろう[よんせい]

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

吉住小三郎(4世)
よしずみこさぶろう[よんせい]

[生]1876.12.15. 東京
[没]1972.2.27. 東京
長唄唄方。3世吉住小三郎の次男,1890年4世を相続。初め芝居に出勤していたが,1902年8月,3世杵屋六四郎 (のち2世稀音家浄観) とともに「研精会」を組織,劇場を離れた純粋の音楽としての長唄を普及するとともに,六四郎と多くの新曲を合作し,世人の好評を博し,長唄界に貢献した。 63年5世を実子に譲り,慈恭と改名。日本芸術院会員,重要無形文化財保持者,文化勲章受章。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界大百科事典内の吉住小三郎(4世)の言及

【寒山拾得】より

…1911年9月文芸協会私演場で初演。作曲4世吉住小三郎・3世杵屋(きねや)六四郎(2世稀音家浄観)。振付2世藤間勘右衛門。…

【紀文大尽】より

…作詞中内蝶二。作曲4世吉住小三郎,3世杵屋(きねや)六四郎。吉原で豪遊する2代目紀伊国屋文左衛門が,江戸時代の元禄期に巨万の富を得た父紀文が,若き日に悲壮な決意をもって蜜柑(みかん)船で江戸に乗り込む夢を見る。…

【研精会】より

…正式名称は長唄研精会。4世吉住小三郎(のちの慈恭(じきよう))と3世杵屋六四郎(のちの2世稀音家浄観(きねやじようかん))によって創設された。従来,歌舞伎に付随していた長唄を鑑賞用音楽として独立させ,会員制度による演奏会開催を企画,1902年8月19日,東京日本橋俱楽部で第1回演奏会を開いた。…

※「吉住小三郎(4世)」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

吉住小三郎(4世)の関連キーワードおもなお雇い外国人リットン秋月の乱アトランタ・ブレーブスエジソン(アメリカの発明家)シカゴ・カブスシンシナティ・レッズスラブ音楽アブデュルハミト[2世]ロダン

今日のキーワード

OAR

2018年の平昌五輪に国家資格ではなく個人資格で参加したロシア国籍の選手のこと。「Olympic Athlete from Russia(ロシアからの五輪選手)」の略。14年ソチ五輪での組織的なドーピ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android