コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

杵屋勘五郎(1世) きねやかんごろういっせい

1件 の用語解説(杵屋勘五郎(1世)の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

杵屋勘五郎(1世)
きねやかんごろういっせい

[生]天正2(1574)?
[没]寛永20(1643)?
長唄三味線方の家元。猿若勘三郎 (中村座の祖) の弟で,元和年間 (1615~24) ,兄とともに江戸に下り狂言のワキをつとめ,小歌が上手で,歌いながら舞ったと「杵屋系図」に記されているが,疑問の点が多い。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

杵屋勘五郎(1世)の関連キーワード没・歿勃・歿・没稲次右近玉泉院顕了道快大道寺直重山岡景以良恕入道親王Diaz de la Peña,N.

今日のキーワード

ワールド・ベースボール・クラシック

メジャーリーグ機構、メジャーリーグ選手会が音頭をとってスタートした野球の世界一決定戦。2006年の第1回は16カ国が参加。4組に分かれて1次リーグを行い、各上位2カ国が米国に移って2リーグの2次予選、...

続きを読む

コトバンク for iPhone