コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

杵屋勘五郎(1世) きねやかんごろう[いっせい]

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

杵屋勘五郎(1世)
きねやかんごろう[いっせい]

[生]天正2(1574)?
[没]寛永20(1643)?
長唄三味線方の家元猿若勘三郎 (中村座の祖) の弟で,元和年間 (1615~24) ,兄とともに江戸に下り狂言ワキをつとめ,小歌が上手で,歌いながら舞ったと「杵屋系図」に記されているが,疑問の点が多い。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

杵屋勘五郎(1世)の関連キーワード寛永

今日のキーワード

硫黄山(いおうやま)

標高1317メートルの活火山で、火口は登山者に人気のある韓国(からくに)岳(1700メートル)の登山道沿いにある。硫黄の結晶が鉱山で採れたため、硫黄山と呼ばれるようになったという。直近の噴火は1768...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android