コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ソテロ ソテロ Sotelo, Luis

7件 の用語解説(ソテロの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ソテロ
ソテロ
Sotelo, Luis

[生]1574.9.7. セビリア
[没]寛永1(1624).7.12. 大村郊外
スペイン出身の司祭,フランシスコ会士。東洋伝道のためマニラを経て,慶長 11 (1606) 年来日。将軍家の許可を得て,江戸,府内 (現大分市) ,大坂などで布教,聖堂,コレジオを建設,浅草に癩病院を設立。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

ソテロ(Luis Sotelo)

[1574~1624]スペインのフランシスコ会宣教師。慶長8年(1603)来日。徳川家康伊達政宗の知遇を得て布教。遣欧使節支倉常長(はせくらつねなが)の案内役を勤め、キリシタン禁制後再度来日したが、火刑により殉死。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

ソテロ Sotelo, Luis

1574-1624 スペインの宣教師。
1574年9月6日生まれ。フランシスコ会司祭。慶長8年(1603)来日。各地で布教し,16年伊達政宗に仙台にまねかれる。18年政宗の遣欧使節支倉常長(はせくら-つねなが)らとスペイン,ローマにいく。元和(げんな)8年禁教令をおかして薩摩(さつま)(鹿児島県)にはいり,捕らえられ寛永元年7月12日肥前大村(長崎県)で殉教した。49歳。セビリア出身。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

朝日日本歴史人物事典の解説

ソテロ

没年:寛永1.7.12(1624.8.25)
生年:1574.9.6
スペイン人フランシスコ会士。セビリア市参事会員の次男。1600年メキシコを経てフィリピンに渡る。慶長8(1603)年,来日して大坂,紀伊,江戸で布教。同16年伊達政宗の知遇を得て奥州布教の足がかりをつくる。同18年9月政宗の遣欧使節支倉常長と共に牡鹿半島月の浦を出帆,マドリードおよびローマに赴いた。スペイン国王,ローマ教皇に拝謁したが,使節出立後,キリシタンをめぐる日本の政治情勢が激変したため,日本布教の援助を求める所期の目的を達せず,メキシコ経由で,1618年フィリピンに到着。同地に抑留され,支倉常長のみ元和6(1620)年帰国した。ソテロは2年後,禁制を犯して薩摩(鹿児島県)に潜入したが,直ちに捕らえられ,寛永1(1624)年大村において殉教した。当時の複雑な国際情勢の中にあって,布教のみならず政治面でも活躍したこともあり,敵対者も多く,彼ほど毀誉褒貶の極端な来日宣教師は珍しい。<参考文献>L.ペレス著,野間一正訳『ベアト・ルイス・ソテーロ伝』

(野間一正)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

ソテロ【Luis Sotelo】

1574‐1624
スペイン人のフランシスコ会士。1594年同会に入会,東洋伝道を志し99年スペインを出発,翌年マニラに到着。同地の日本町で日本人キリシタンを指導し,日本語を学んだ。1603年(慶長8)フィリピン総督の書簡,贈物を携えて来日し,徳川家康,秀忠に謁見し,その後主として和歌山,江戸で布教に従事した。09年漂着したビベロと,メキシコ貿易開設を望む家康との間に立って,通訳兼斡旋役として尽力し,仮協定を成立させた。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

ソテロ【Luis Sotelo】

1574~1624) スペイン人宣教師。フランシスコ会士。1603年頃来日。伊達政宗に遣欧使節派遣を進言し、自ら副使として帰欧。再度の来日は鎖国令にふれ、火刑に処せられた。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ソテロ
そてろ
Luis Sotelo
(1574―1624)

スペイン人宣教師。フランシスコ会士。日本におけるフランシスコ会宣教活動の中心人物として活躍した。1603年(慶長8)に来日、まず京都で日本語の知識に磨きをかけたのち、京都、豊後(ぶんご)府内(大分市)、大坂や江戸に布教して教会を建て、江戸浅草にハンセン病の病院を開設した。江戸、とくに本州の北部で、伊達政宗(だてまさむね)の好意を得て、宣教活動に従事した。13年、徳川秀忠(ひでただ)による江戸のキリシタン迫害で死刑を宣告されるが、政宗の嘆願で刑を免れる。同年、政宗の遣欧使節として支倉常長(はせくらつねなが)に同行、メキシコ経由でマドリードとローマに赴いた。ローマで教皇から東日本の司教に任命されたものの、反対する者があり、その任につくことはなかった。日本への帰路、マニラ総督により4年間も足止めされるが、22年(元和8)、キリスト教禁制下の日本に向けて出航、薩摩(さつま)地方に潜入したがただちに逮捕され、2年後大村の近くで火刑により殉教した。[大谷啓治]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内のソテロの言及

【キリスト教】より

…その5年前,大村純忠らによって派遣された天正遣欧使節はローマに赴いて教皇グレゴリウス13世に謁している。禁教にもかかわらず,フランシスコ会士は1593年に初来日し,宣教師の一人ソテロは仙台へ行き,伊達政宗に迎えられた。江戸幕府は禁教令をきびしくし,オランダとのみ通商を認めたが,長崎の出島を離れることを許さなかった。…

※「ソテロ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

ソテロの関連キーワードバウティスタフランシスコサンフランシスコエルグランデ教会サンフランシスコマラソンビリディアナディエゴ=デ=サン=フランシスコバラハスディエゴ・デ・サン・フランシスコペトルス[アルカンタラの]アメリカ・フランシスコ会史学会

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone

ソテロの関連情報