コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

松下圭一 まつした けいいち

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

松下圭一 まつした-けいいち

1929-2015 昭和後期-平成時代の政治学者。
昭和4年8月19日生まれ。ヨーロッパ政治思想史を専攻し,昭和40年法大教授。31年大衆国家論を発表。以後,論壇につぎつぎと問題を提起市民参加による自治型政治と地域民主主義の形成をとく。46年「シビル・ミニマムの思想」で毎日出版文化賞。47年「市民参加とその歴史的可能性」および「市民参加」の責任編集に対して吉野作造賞。平成27年5月6日死去。85歳。福井県出身。東大卒。著作はほかに「現代政治の条件」「市民政治理論の形成」「市民自治の憲法理論」など。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

百科事典マイペディアの解説

松下圭一【まつしたけいいち】

政治学者。福井県福井市出身。東京大学法学部で丸山真男に学ぶ。1953年法政大助手。高度経済成長が始まった1950年代から大衆社会の実現を予見し,市民政治のあり方を論じて注目された。1965年法政大教授。日本政治学会理事長,日本公共政策学会会長を歴任。〈シビル・ミニマム〉の考え方をはじめ〈市民〉概念を日本社会に定着させ,公共のありかたを実践的にといかけた功績は高く評価される。《シビル・ミニマムの思想》で毎日出版文化賞を受賞。著作に《市民政治理論の形成》(1959年,岩波書店),《都市政策を考える》(1971年,岩波新書)など多数。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

松下圭一の関連キーワード大衆デモクラシー法定受託事務市民運動地方自治政策科学自治事務

今日のキーワード

書類送検

警察から検察官に対して事件を送致する場合 (送検) ,捜査に当たり逮捕した被疑者の身柄を引き続き拘束しておく必要があるときは書類,証拠物とともに身柄を送致するが,もともと逮捕しなかったり,一度逮捕した...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

松下圭一の関連情報