コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

松前公広 まつまえ きんひろ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

松前公広 まつまえ-きんひろ

1598-1641 江戸時代前期の大名。
慶長3年生まれ。松前盛広(もりひろ)の長男。祖父慶広(よしひろ)のあと,元和(げんな)3年蝦夷(えぞ)地(北海道)松前藩主2代となる。砂金場の開発,近江(おうみ)商人の受け入れなど藩財政の確立につとめた。寛永18年7月8日死去。44歳。初名は茂広(しげひろ),のち武広(たけひろ)。通称は甚五郎。名は「きみひろ」ともよむ。
【格言など】来し道も帰る道にもただ独りのこる姿は草の葉の露(辞世)

松前公広 まつまえ-きみひろ

まつまえ-きんひろ

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

朝日日本歴史人物事典の解説

松前公広

没年:寛永18.7.8(1641.8.14)
生年:慶長3(1598)
江戸前期,松前藩(北海道)の第2代藩主。幼名は竹松丸,長じて茂広,武広と称した。初代藩主慶広の長男・松前盛広(1608年没)の嫡子,母は家臣下国直季の娘。元和3(1617)年祖父慶広の後を継いで2代藩主となる。対外政策に重点を置いた慶広に対し,公広は専ら内政に取り組み,城下町の建設,金山の開発,和人地の確定,商場知行制の実施など,松前藩体制の基礎となる事業を行った。このためのちに「御一生の間,金銀米満蔵ニ諸人敬神あつく,民を救ひ」と評された。「来し道も帰る道ニも只独り のこる姿は草の葉の露」という辞世から,事業半ばで倒れた公広の心情を窺うことができよう。<参考文献>『松前町史』通説編1巻上

(桑原真人)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版朝日日本歴史人物事典について | 情報

松前公広の関連キーワード松前氏広

今日のキーワード

所信表明演説

政府の長が施政に関する考え方を明らかにするために行う演説。日本の国会では、臨時国会や特別国会の冒頭に内閣総理大臣が衆議院および参議院の本会議場で行い、当面の問題を中心にその国会における内閣の方針を示す...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android