コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

松前徳広 まつまえ のりひろ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

松前徳広 まつまえ-のりひろ

1844-1869* 幕末-明治時代の大名。
天保(てんぽう)15年3月14日生まれ。松前昌広(まさひろ)の長男。松前崇広(たかひろ)の養子となり,慶応2年蝦夷(えぞ)地(北海道)松前藩主13代。明治元年幕府脱走軍の来襲で津軽にのがれた。明治元年11月29日死去。25歳。通称は準之丞。著作に「彗星考」など。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

367日誕生日大事典の解説

松前徳広 (まつまえのりひろ)

生年月日:1844年3月14日
江戸時代末期の大名
1868年没

出典 日外アソシエーツ「367日誕生日大事典」367日誕生日大事典について 情報

松前徳広の関連キーワード松前修広下国安芸生年月日田崎東

今日のキーワード

隗より始めよ

《中国の戦国時代、郭隗(かくかい)が燕(えん)の昭王に賢者の求め方を問われて、賢者を招きたければ、まず凡庸な私を重く用いよ、そうすれば自分よりすぐれた人物が自然に集まってくる、と答えたという「戦国策」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android