コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

松前章広 まつまえ あきひろ

2件 の用語解説(松前章広の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

松前章広 まつまえ-あきひろ

1775-1833 江戸時代後期の大名。
安永4年7月30日生まれ。松前道広の長男。寛政4年蝦夷(えぞ)地(北海道)松前藩主9代となる。ロシア使節ラクスマンイギリス船の来航などがあり,寛政11年東蝦夷地が,文化4年には全蝦夷地が幕府直轄地となり,章広は陸奥(むつ)梁川(やながわ)(福島県)9000石に移封(いほう)された。文政4年松前復帰がかない,5年藩校徽典(きてん)館を創立。天保(てんぽう)4年9月25日死去。59歳。初名は敷広。通称は勇之助。

出典|講談社
デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

朝日日本歴史人物事典の解説

松前章広

没年:天保4.7.25(1833.9.8)
生年:安永4.7.30(1775.8.25)
松前藩9代藩主。8代藩主道広の長子。母は家臣下国季寿の養女(家臣平田忠兵衛の娘)。寛政4(1792)年幕命による父道広の致仕により急遽襲封。章広治世の前半は,寛政4年ロシアの遣日使節ラクスマン一行の根室への来航と翌年城下松前での幕吏の応接への対応,8年イギリス船プロヴィデンス号アブタ(虻田)沖渡来への対応など対外問題の処理に忙殺され,かつその対外問題で11年幕府が東蝦夷地を上知し,次いで文化4(1807)年松前・蝦夷地全域の幕領化に伴い陸奥国伊達郡梁川(福島県梁川町)9000石に移封されるなど,藩成立以来最大の非運に遭遇した。梁川にあること14年,その間幕閣に復領工作を行い,その効あって文政4(1821)年旧領に復した。復領後は蝦夷地全域を直轄し,場所請負人の運上金他の収益に依拠して擬制的蔵米知行制を実施し,また幕府に対し家格の1万石以上への昇格運動を展開し,天保2(1831)年ついに1万石格に復することができた。このとき章広は「降る雪もけふは香はし冬至梅」との句を詠んでいる。<参考文献>『松前町史』通説編1巻下,史料編1巻

(榎森進)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
朝日日本歴史人物事典について | 情報

世界大百科事典内の松前章広の言及

【松前崇広】より

…幕末の松前藩主。第9代藩主松前章広の第6子。幼名盈之助,ついで為吉。…

※「松前章広」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

松前章広の関連キーワードプガチョフの乱ワイマール青地林宗詩と真実詩と真実尾崎雅嘉松前章広青地林宗青地林宗フォイエルバッハ

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone