コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

松尾相永 まつお すけなが

2件 の用語解説(松尾相永の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

松尾相永 まつお-すけなが

1828-1877 幕末の尊攘(そんじょう)運動家。
文政11年生まれ。身分は非蔵人(ひくろうど)。水戸の香川敬三岩倉具視(ともみ)にひきあわせ,文久3年の八月十八日の政変では参朝停止となる。慶応4年嘉彰(よしあき)親王(小松宮彰仁(あきひと)親王)にしたがい越後口に出陣した。明治10年12月死去。50歳。京都出身。通称は但馬(たじま)。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

朝日日本歴史人物事典の解説

松尾相永

没年:明治10.12(1877)
生年:文政11(1828)
幕末の非蔵人。公家と地下官人の間にあり,御所内の雑務担当を職務とする身分の出身。通称但馬。安政5(1858)年3月,同志の非蔵人50名余と条約調印反対を建議。のち尊攘運動に接近し,文久3(1863)年の8月18日の政変で参朝停止の処分を受ける。慶応3(1867)年1月処分解除,同年12月,王政復古の前日には岩倉邸にあり,鴨脚光長,松尾相保,中川元績,吉田良栄ら非蔵人と共に政変の準備に当たる。翌明治1(1868)年参与,嘉仁親王に従い会津攻撃に参画。次いで宮内省に入る。同10年王政復古の功を追賞され,500円を下賜された。

(井上勲)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

松尾相永の関連キーワード蔵人地下蔵人の五位蔵人町下官地下の諸大夫新蔵人非蔵人右近蔵人左近蔵人

今日のキーワード

日本政策投資銀行

1999年に日本開発銀行と北海道東北開発公庫を統合し、発足した政府系総合政策金融機関。一般の金融機関が行なう金融などを補完・奨励し、長期資金の供給などを行ない、日本の経済社会政策に金融上で寄与していく...

続きを読む

コトバンク for iPhone