コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

香川敬三 かがわ けいぞう

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

香川敬三 かがわ-けいぞう

1839-1915 幕末-明治時代の武士,官僚。
天保(てんぽう)10年11月15日生まれ。常陸(ひたち)水戸藩士の子。藤田東湖にまなぶ。岩倉具視(ともみ)につかえて王政復古の計画に参加。戊辰(ぼしん)戦争では大軍監をつとめ,下総(しもうさ)流山(千葉県)で近藤勇を捕らえた。維新後,宮内少輔,枢密顧問官。大正4年3月18日死去。77歳。本姓蓮田。字(あざな)は心豊。号は東洲。変名は小林彦次郎。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

朝日日本歴史人物事典の解説

香川敬三

没年:大正4.3.18(1915)
生年:天保10.11.15(1839.12.20)
幕末の志士,明治の皇后宮大夫。常陸国茨城郡下伊勢畑村(茨城県御前山村)の庄屋蓮田孝定3男。祠官鯉沼家の養子となり伊織と称す。水戸藩士藤田東湖の門弟となり勤王を唱え,のち上京して香川敬三と称し,志士と交流,ことに岩倉具視の知遇を得た。慶応3(1867)年高野山の挙兵に参加,戊辰戦争では東山道総督に従い,近藤勇を捕らえるなどの功があり,賞典禄300石を給せられた。明治初期は軍務に従事,次いで宮内省に移り,明治14(1881)年以降皇后宮大夫として皇后を補佐,20年子爵,40年伯爵。<参考文献>皇学館大学史料編纂所編『香川敬三履歴史料』

(上野秀治)

出典 朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版朝日日本歴史人物事典について 情報

香川敬三の関連キーワード蓮田東三松尾相永明治時代

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android