コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

松居松葉 まついしょうよう

1件 の用語解説(松居松葉の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

まついしょうよう【松居松葉】

1870‐1933(明治3‐昭和8)
劇作家。本名真玄。のちの号は松井松翁。宮城県塩釜に生まれた。坪内逍遥の《早稲田文学》創刊から編集に従事。1894年《昇旭(のぼるあさひ)朝鮮太平記》を《読売新聞》に発表。翌年《中央新聞》に入り各紙に劇評を執筆。99年初世市川左団次のために《悪源太》を書き,その没後は2世左団次を助け,外遊後明治座革新興行を企てて失敗した。以後文芸協会,帝国劇場,松竹で劇作・演出に携わり劇壇の重鎮であった。1913年には河合武雄公衆劇団を興した。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

世界大百科事典内の松居松葉の言及

【新歌舞伎】より

…しかし,1881年江戸生え抜きの作者河竹黙阿弥が,新時代順応の限界を悟って引退を声明,その後も人なきがために筆をとっていたが,門弟に発展的継承がみられず,93年の黙阿弥の死は,それまでの狂言作者制度の崩壊を意味することになった。劇場外文学者の作品提供にはそうした事情もあり,やがて松居松葉坪内逍遥らが登場する。94年逍遥の《桐一葉》の《早稲田文学》への発表がそれであり,次いで99年松葉の《悪源太》,1904年前記《桐一葉》の舞台化が幕明けとなる。…

※「松居松葉」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

松居松葉の関連キーワード松居松翁九条道実後藤武夫菅竜一竹柴金作(2代)疋田桂太郎星野太郎堀内三郎矢作栄蔵山崎紫紅

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone