コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

河合武雄 かわいたけお

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

河合武雄
かわいたけお

[生]1877.3.13. 東京
[没]1942.3.21. 静岡
新派俳優。本名内山武次郎。 1893年父の反対を押切って山口定雄一座に入り,98年水野好美の奨励会の立女方に迎えられた。 1901年以降,伊井蓉峰と組み,美しい容姿と派手な芸風で名女方の名をほしいままにした。 13年松居松翁の指導で,新劇を上演する公衆劇団を興すが,翌年解散。再び新派に戻って,伊井,喜多村緑郎とともに新派3頭目といわれた。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

かわい‐たけお〔かはひたけを〕【河合武雄】

[1877~1942]新派俳優。東京の生まれ。本名、内山武次郎。女形として活躍し、美貌とはでな芸風で人気を集めた。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

百科事典マイペディアの解説

河合武雄【かわいたけお】

新派俳優。本名内山武次郎。東京生れ。歌舞伎俳優だった父の反対を押し切って,山口定雄〔1861-1907〕の門に入り,のち水野好美〔1863-1928〕と奨励会をおこした。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

河合武雄 かわい-たけお

1877-1942 明治-昭和時代前期の新派俳優。
明治10年3月13日生まれ。5代大谷馬十の子。明治31年水野好美一座の立女方(たておやま)となる。伊井蓉峰との夫婦劇などで人気をえた。大正時代から伊井,喜多村緑郎とともに三頭目時代をつくり,新派隆盛の中心として活躍した。当たり役は「仮名屋小梅」の小梅など。昭和17年3月21日死去。66歳。東京出身。本名は内山武次郎。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

かわいたけお【河合武雄】

1877‐1942(明治10‐昭和17)
新派俳優。本名内山武次郎。東京生れ。父は歌舞伎俳優5世大谷馬十(ばじゆう)。4世沢村源之助にあこがれたが,山口定雄一座に入門。1893年から明治・大正・昭和の3代にわたり約半世紀,新派の女方として代表的地位を占めた。初期に真砂座で近松作品を共演した伊井蓉峰と,女方としての好敵手喜多村緑郎とともに三頭目となった。《二筋道》がこのトリオの名舞台であった。美貌で派手な芸風は,歌舞伎に近い感覚を持っていたが,酒乱の仮名屋小梅,《無花果(いちじく)》のエミアという西洋婦人などが当り役である。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

大辞林 第三版の解説

かわいたけお【河合武雄】

1877~1942) 新派俳優。東京生まれ。本名、内山武次郎。明治・大正期の名女形。美貌と派手な芸風で人気を得た。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

河合武雄
かわいたけお
(1877―1942)

新派俳優。本名内山武次郎。東京・築地(つきじ)に生まれる。父は歌舞伎(かぶき)俳優5世大谷馬十(ばじゅう)。1893年(明治26)俳優志望を嫌う父に隠れて山口定雄一座に入り、新派の女方(おんながた)となる。98年に水野好美の「奨励会」の立女方(たておやま)となり、以後美貌(びぼう)、豊艶(ほうえん)、美声、はでな芸風で人気を集めた。1901年(明治34)伊井蓉峰(ようほう)と真砂(まさご)座で近松研究劇を上演、以来伊井・河合夫婦劇として『通夜(つや)物語』などで当りをとった。13年(大正2)松居松葉(松翁)と公衆劇団を組織し、『エレクトラ』『茶を作る家』を上演して新劇運動にも意欲をみせた。大正・昭和初期には伊井、喜多村(緑郎(ろくろう))とともに三頭目時代を現出し、新派隆昌(りゅうしょう)の中心となった。当り芸に『己(おの)が罪』の環(たまき)、『仮名屋小梅』の小梅、『二筋道』のおすがなど。[菊池 明]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

河合武雄の関連キーワード633美の里いの(町)吾北菊池大麓杵屋六左衛門レヤード桐野利秋宮崎八郎オスロコレラ

今日のキーワード

不義理

[名・形動]1 義理を欠くこと。また、そのさま。「多忙でつい不義理になる」2 人から借りた金や物を返さないでいること。「茶屋への―と無心の請求」〈逍遥・当世書生気質〉...

続きを読む

コトバンク for iPhone

河合武雄の関連情報