コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

河合武雄 かわいたけお

7件 の用語解説(河合武雄の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

河合武雄
かわいたけお

[生]1877.3.13. 東京
[没]1942.3.21. 静岡
新派俳優。本名内山武次郎。 1893年父の反対を押切って山口定雄一座に入り,98年水野好美の奨励会の立女方に迎えられた。 1901年以降,伊井蓉峰と組み,美しい容姿と派手な芸風で名女方の名をほしいままにした。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

かわい‐たけお〔かはひたけを〕【河合武雄】

[1877~1942]新派俳優。東京の生まれ。本名、内山武次郎。女形として活躍し、美貌とはでな芸風で人気を集めた。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

河合武雄【かわいたけお】

新派俳優。本名内山武次郎。東京生れ。歌舞伎俳優だった父の反対を押し切って,山口定雄〔1861-1907〕の門に入り,のち水野好美〔1863-1928〕と奨励会をおこした。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

河合武雄 かわい-たけお

1877-1942 明治-昭和時代前期の新派俳優。
明治10年3月13日生まれ。5代大谷馬十の子。明治31年水野好美一座の立女方(たておやま)となる。伊井蓉峰との夫婦劇などで人気をえた。大正時代から伊井,喜多村緑郎とともに三頭目時代をつくり,新派隆盛の中心として活躍した。当たり役は「仮名屋小梅」の小梅など。昭和17年3月21日死去。66歳。東京出身。本名は内山武次郎。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

世界大百科事典 第2版の解説

かわいたけお【河合武雄】

1877‐1942(明治10‐昭和17)
新派俳優。本名内山武次郎。東京生れ。父は歌舞伎俳優5世大谷馬十(ばじゆう)。4世沢村源之助にあこがれたが,山口定雄一座に入門。1893年から明治・大正・昭和の3代にわたり約半世紀,新派の女方として代表的地位を占めた。初期に真砂座で近松作品を共演した伊井蓉峰と,女方としての好敵手喜多村緑郎とともに三頭目となった。《二筋道》がこのトリオの名舞台であった。美貌で派手な芸風は,歌舞伎に近い感覚を持っていたが,酒乱の仮名屋小梅,《無花果(いちじく)》のエミアという西洋婦人などが当り役である。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

かわいたけお【河合武雄】

1877~1942) 新派俳優。東京生まれ。本名、内山武次郎。明治・大正期の名女形。美貌と派手な芸風で人気を得た。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

河合武雄
かわいたけお
(1877―1942)

新派俳優。本名内山武次郎。東京・築地(つきじ)に生まれる。父は歌舞伎(かぶき)俳優5世大谷馬十(ばじゅう)。1893年(明治26)俳優志望を嫌う父に隠れて山口定雄一座に入り、新派の女方(おんながた)となる。98年に水野好美の「奨励会」の立女方(たておやま)となり、以後美貌(びぼう)、豊艶(ほうえん)、美声、はでな芸風で人気を集めた。1901年(明治34)伊井蓉峰(ようほう)と真砂(まさご)座で近松研究劇を上演、以来伊井・河合夫婦劇として『通夜(つや)物語』などで当りをとった。13年(大正2)松居松葉(松翁)と公衆劇団を組織し、『エレクトラ』『茶を作る家』を上演して新劇運動にも意欲をみせた。大正・昭和初期には伊井、喜多村(緑郎(ろくろう))とともに三頭目時代を現出し、新派隆昌(りゅうしょう)の中心となった。当り芸に『己(おの)が罪』の環(たまき)、『仮名屋小梅』の小梅、『二筋道』のおすがなど。[菊池 明]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

河合武雄の関連キーワード英太郎井伊蓉峯村田正雄伊井蓉峰高田実中間演劇新生新派木村猛夫小織桂一郎長谷川武次郎

今日のキーワード

平野美宇

卓球選手。2000年4月14日、静岡県生まれ、山梨県育ち。3歳で卓球を開始。07年に小学1年生で全日本選手権大会バンビの部優勝、09年に小学2年生で同大会ジュニアの部初出場を果たし、注目を集めた。13...

続きを読む

コトバンク for iPhone

河合武雄の関連情報