コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

松居松翁 まつい しょうおう

6件 の用語解説(松居松翁の意味・用語解説を検索)

美術人名辞典の解説

松居松翁

明治・大正・昭和時代の劇作家、演出家。本名は真玄、号は松葉・駿河町人・松翁。坪内逍謙に師事し、戯曲・小説を書き始める。記者時代、初代市川左団次のために書いた『悪源太』で劇壇に注目される。新劇俳優の指導を経て松竹の舞台監督を努めた。著作は二百余に上る。昭和8年(1933)病歿、64才。

出典|(株)思文閣
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

まつい‐しょうおう〔まつゐシヨウヲウ〕【松居松翁】

[1870~1933]劇作家。宮城の生まれ。本名、真玄(まさはる)。初め松葉と号した。初世市川左団次のために戯曲「悪源太」を書き、以後、新歌舞伎や外国戯曲の翻案作などで活躍。著「団州百話」「劇壇今昔」など。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

松居松翁 まつい-しょうおう

1870-1933 明治-昭和時代前期の劇作家,演出家。
明治3年2月18日生まれ。坪内逍遥(しょうよう)の門にはいり,「早稲田文学」の編集にあたる。初代市川左団次のために「悪源太」をかき,また2代左団次とともに歌舞伎興行の改革をこころみた。のち新劇運動を指導。大正7年松竹顧問となる。代表作に「袈裟(けさ)と盛遠(もりとお)」「茶を作る家」。昭和8年7月14日死去。64歳。陸前塩釜(宮城県)出身。本名は真玄(まさはる)。初号は松葉。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

大辞林 第三版の解説

まついしょうおう【松居松翁】

1870~1933) 劇作家。宮城県生まれ。本名、真玄。別号、松葉。坪内逍遥に師事。二世市川左団次の革新興行を推進、劇界に新風を送る。作品「坂崎出羽守」「政子と頼朝」「文覚」など。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

松居松翁
まついしょうおう

[生]明治3(1870).2.18. 宮城
[没]1933.7.14. 東京
劇作家,演出家。本名真玄。初め松葉といった。国民英学会卒業。 1899年1世市川左団次によって『悪源太』ほか3編が上演され,座付作者以外から歌舞伎界に作品を提供した最初の作家となった。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

松居松翁
まついしょうおう
(1870―1933)

劇作家、演出家、劇評家。宮城県生まれ。本名真玄(まさはる)。旧筆名は松葉(しょうよう)。『報知新聞』『萬朝報(よろずちょうほう)』の記者となり劇評を担当、小説を書く。初世市川左団次に『悪源太(あくげんた)』(1899)、2世左団次に『袈裟(けさ)と盛遠(もりとお)』(1908)を書き、新史劇上演に貢献。文芸協会、公衆劇団などの新劇運動を指導した。のち松竹文芸部顧問。翻訳・翻案戯曲も多くあるが、二度外遊して日本に近代演出法を導入した功績は大きい。[藤木宏幸]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の松居松翁の言及

【上演権】より

…昔は日本でも外国でも座付作者が一座に作品を提供していたから,上演権,上演料は問題にならなかった。日本で上演権を初めて成立させたのは,幕末から明治に活躍した歌舞伎狂言作者河竹黙阿弥といわれるが,実際に外部の作家に正式に上演料が支払われたのは,初世市川左団次のために処女戯曲《悪源太》(1899明治座初演)を書いた西欧帰りの劇作家松居松翁(しようおう)(松葉(しようよう)。1870‐1933)が最初といわれる。…

【松居松葉】より

…劇作家。本名真玄。のちの号は松井松翁。宮城県塩釜に生まれた。坪内逍遥の《早稲田文学》創刊から編集に従事。1894年《昇旭(のぼるあさひ)朝鮮太平記》を《読売新聞》に発表。翌年《中央新聞》に入り各紙に劇評を執筆。99年初世市川左団次のために《悪源太》を書き,その没後は2世左団次を助け,外遊後明治座革新興行を企てて失敗した。以後文芸協会,帝国劇場,松竹で劇作・演出に携わり劇壇の重鎮であった。1913年には河合武雄と公衆劇団を興した。…

※「松居松翁」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

松居松翁の関連キーワード織田東禹九条道実後藤武夫小山善竹腰正己能村磐夫疋田桂太郎降矢芳郎星野太郎矢作栄蔵

今日のキーワード

平野美宇

卓球選手。2000年4月14日、静岡県生まれ、山梨県育ち。3歳で卓球を開始。07年に小学1年生で全日本選手権大会バンビの部優勝、09年に小学2年生で同大会ジュニアの部初出場を果たし、注目を集めた。13...

続きを読む

コトバンク for iPhone