コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

松山藩〈伊予国〉 まつやまはん

1件 の用語解説(松山藩〈伊予国〉の意味・用語解説を検索)

藩名・旧国名がわかる事典の解説

まつやまはん【松山藩〈伊予国〉】

江戸時代伊予(いよ)国温泉(おんせん)郡松山(現、愛媛県松山市)に藩庁をおいた、初め外様(とざま)藩、のち親藩(しんぱん)。藩校は明教館。関ヶ原の戦いで東軍について戦功をあげた加藤嘉明(よしあき)が、1602年(慶長(けいちょう)7)に伊予半国20万石に加増されて立藩。嘉明は松山城の築城に着手したが、27年(寛永(かんえい)4)に陸奥(むつ)国会津藩に転封(てんぽう)(国替(くにがえ))された。代わって、蒲生忠知(がもうただとも)が出羽(でわ)国上山(かみのやま)藩から入封するが、忠知の急逝により蒲生氏は断絶。35年、松平(久松)定行(さだゆき)が伊勢(いせ)国桑名藩から15万石で入封、以後親藩の松平氏の支配が明治維新まで14代続いた。定行は松山城を改修したほか、道後(どうご)温泉施設や城下町の整備を行った。また4代定直(さだなお)の江戸中期から俳諧(はいかい)が盛んになり始めた。一方、1732年(享保(きょうほう)17)の享保の飢饉は甚大な被害をもたらし、41年(寛保(かんぽう)1)には久万山(くまやま)地区の農民が逃散(ちょうさん)する一揆が起きた。幕末の第2次長州征伐では周防大島を襲撃したが敗退。また鳥羽伏見の戦いでは朝敵とされ、土佐藩に松山を一時占領された。1871年(明治4)の廃藩置県で松山県となり、以後、石鉄(いしづち)県を経て73年愛媛県に編入された。

出典|講談社
(C)Kodansha 2011.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

松山藩〈伊予国〉の関連キーワード葛温泉下呂温泉猿ヶ京温泉関温泉道後温泉鳴子温泉野沢温泉和倉温泉温泉場燕温泉

今日のキーワード

ポケモンGO

2016年7月6日に米国・オーストラリア・ニュージーランドで配信開始となったスマートフォン用AR(仮想現実)モバイルゲーム。開発・発売元はNiantic,Inc.(ナイアンティック)で、株式会社ポケモ...

続きを読む

コトバンク for iPhone