コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

松山藩〈備中国〉 まつやまはん

1件 の用語解説(松山藩〈備中国〉の意味・用語解説を検索)

藩名・旧国名がわかる事典の解説

まつやまはん【松山藩〈備中国〉】

江戸時代備中(びっちゅう)国上房(じょうぼう)郡松山(現、岡山県高梁(たかはし)市)に藩庁をおいた、初め外様(とざま)藩、のち譜代(ふだい)藩。藩校は有終館(ゆうしゅうかん)。1617年(元和(げんな)3)、池田長幸(ながゆき)が因幡(いなば)国鳥取藩から6万5000石で入封(にゅうほう)して立藩。しかし、2代長常(ながつね)に嗣子(しし)がないため断絶し、代わって42年(寛永(かんえい)19)に備中国成羽藩の水谷勝隆(みずのやかつたか)が入封。水谷氏は新田開発や高梁川の改修、城下町の形成に尽力したが、3代で断絶。その後は95年(元禄(げんろく)8)から譜代の安藤重博(しげひろ)、1711年(正徳(しょうとく)1)から石川総慶(ふさよし)が藩主になったあと、44年(延享(えんきょう)1)に板倉勝澄(かつずみ)が伊勢(いせ)国亀山藩から5万石で入封、以後明治維新まで板倉氏8代が続いた。松平定信(さだのぶ)の孫で7代藩主の板倉勝静(かつきよ)は、儒者山田方谷(やまだほうこく)を起用して藩政改革を行ったが、老中の要職を勤めたことから明治維新では朝敵とされ、領地は岡山藩の管理下におかれた。しかし、1869年(明治2)に2万石に減封(げんぽう)されて再興、藩名を高梁藩に改称した。71年の廃藩置県で高梁県となり、その後、深津(ふかつ)県、小田(おだ)県を経て75年岡山県に編入された。

出典|講談社
(C)Kodansha 2011.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

松山藩〈備中国〉の関連キーワード澄月備中備中物素秋備州備中鍬国上﨟井関備中掾国重(3)中薬研鋳成

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone