松岡 譲(読み)マツオカ ユズル

20世紀日本人名事典の解説

松岡 譲
マツオカ ユズル

大正・昭和期の小説家,随筆家



生年
明治24(1891)年9月28日

没年
昭和44(1969)年7月22日

出生地
新潟県古志郡石坂村(現・長岡市)

旧姓(旧名)
松岡 善譲

別名
別号=鴉山人

学歴〔年〕
東京帝大哲学科〔大正6年〕卒

経歴
東京帝大在学中の大正5年、芥川、菊池らと第四次「新思潮」を創刊し「罪の彼方へ」を発表。以後「砲兵中尉」などの小説を多く発表し、注目された。7年、漱石の長女筆子と結婚したが、結婚問題が尾を引き、文壇的には不遇であった。11年「九官鳥」を刊行し、12年には第一書房の処女出版として「法城を護る人々」上巻を刊行(15年完結)した。その他の作品に「憂鬱な愛人」「敦煌物語」などがある。他に漱石研究に打込み「漱石先生」「漱石・人とその文学」「漱石の漢詩」などの著書もある。

出典 日外アソシエーツ「20世紀日本人名事典」(2004年刊)20世紀日本人名事典について 情報

367日誕生日大事典の解説

松岡 譲 (まつおか ゆずる)

生年月日:1891年9月28日
大正時代;昭和時代の小説家;随筆家
1969年没

出典 日外アソシエーツ「367日誕生日大事典」367日誕生日大事典について 情報

今日のキーワード

人望

信頼できる人物として、人々から慕い仰がれること。「人望を集める」「人望を失う」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android