コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

九官鳥 キュウカンチョウ

デジタル大辞泉の解説

きゅうかん‐ちょう〔キウクワンテウ〕【九官鳥】

ムクドリ科の鳥。全長約30センチ。全身黒色で、翼に白斑、ほおから首の後ろにかけ黄色い部分があり、くちばしと足は橙(だいだい)色。人間の言葉をよくまねる。インドから東南アジアの原産。秦吉了(しんきつりょう)。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

きゅうかんちょう【九官鳥】

スズメ目ムクドリ科の鳥。全長約30センチメートル。全身黒色で翼に白斑があり、くちばしと足は黄色。顔には肉質の黄色の模様がある。人語や他の鳥の鳴きまねがうまく、江戸時代から飼い鳥として輸入された。東南アジアに分布。サルカ。秦吉了しんきつりよう

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

今日のキーワード

VR蓮舫

民進党・蓮舫代表による国会審議での追及をVR(仮想現実)空間で体験できるゲーム。専用のゴーグルを装着すると映像が流れ、国会の場に立つ総理大臣として蓮舫代表に追及される疑似体験が楽しめる。体験者は器具で...

続きを読む

コトバンク for iPhone

九官鳥の関連情報