松岡士川(読み)まつおか しせん

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

松岡士川 まつおか-しせん

1742-? 江戸時代中期-後期の俳人。
寛保(かんぽう)2年生まれ。摂津灘(兵庫県)で酒造業をいとなむ。三宅嘯山(しょうざん)にまなび,のち与謝蕪村(ぶそん),高井几董(きとう)の門にはいる。通称は甚右衛門。別号に五仙窓。著作に「俳諧(はいかい)ふくろ草紙」。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

正義マン

倫理上問題がある行為などに対して過剰に反応し、正義感を振りかざして騒ぐ人を指すインターネットスラング。2019年10月の消費税増税と軽減税率制度の実施に伴って「イートイン脱税」が発生した際、これを店員...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android