コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

松平乗高 まつだいら のりたか

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

松平乗高 まつだいら-のりたか

?-1592 戦国-織豊時代の武将。
松平乗遠(のりとお)の子。三河(愛知県)の滝脇(たきわき)松平氏。兄正乗(まさのり)が松平親乗(ちかのり)に討たれ,所領をうばわれようとしたとき,親乗を攻め尾張(おわり)に敗走させた。徳川家康につかえ,三河一向一揆(いっき)で蜂屋半之丞を討ち名をあげた。天正(てんしょう)20年1月25日死去。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

松平乗高の関連キーワードコボ文禄シェークスピア文禄・慶長の役コボ石川数正梅北国兼天荊天瑞院羽柴秀勝

今日のキーワード

フィンテック

IT(情報技術)を駆使した金融サービスの創出のこと。「金融(Financial)」と「技術(Technology)」を組み合わせた米国発の造語で、2008年のリーマンショック以降発展したとされている。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android