松平乗高(読み)まつだいら のりたか

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

松平乗高 まつだいら-のりたか

?-1592 戦国-織豊時代の武将。
松平乗遠(のりとお)の子。三河(愛知県)の滝脇(たきわき)松平氏。兄正乗(まさのり)が松平親乗(ちかのり)に討たれ,所領をうばわれようとしたとき,親乗を攻め尾張(おわり)に敗走させた。徳川家康につかえ,三河一向一揆(いっき)で蜂屋半之丞を討ち名をあげた。天正(てんしょう)20年1月25日死去。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

今日のキーワード

余震

初めの大きい地震に引き続いて,その震源周辺に起こる規模の小さい地震の総称。大きい地震ほど余震の回数が多く,余震の起こる地域も広い。余震域の長径の長さは,地震断層の長さにほぼ対応している。マグニチュード...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android