コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

松平伊忠 まつだいら これただ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

松平伊忠 まつだいら-これただ

1537-1575 戦国-織豊時代の武将。
天文(てんぶん)6年生まれ。松平好景(よしかげ)の長男。三河(愛知県)深溝(ふこうず)城主。徳川家康にしたがい,掛川城攻め,姉川の戦い,三方原(みかたがはら)の戦いなどで活躍。天正(てんしょう)3年5月21日長篠(ながしの)の戦いで討ち死に。39歳。通称は又八郎,主殿助。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

松平伊忠の関連キーワードノルウェー文学横浜市の要覧秋山信友鳥居強右衛門鳥居強右衛門長篠の戦い堀部邸明智秀満足利義昭五十嵐川

今日のキーワード

不義理

[名・形動]1 義理を欠くこと。また、そのさま。「多忙でつい不義理になる」2 人から借りた金や物を返さないでいること。「茶屋への―と無心の請求」〈逍遥・当世書生気質〉...

続きを読む

コトバンク for iPhone