コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

松平信岑 まつだいら のぶみね

1件 の用語解説(松平信岑の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

松平信岑 まつだいら-のぶみね

1696-1763 江戸時代中期の大名。
元禄(げんろく)9年9月10日生まれ。松平信庸(のぶつね)の長男。享保(きょうほう)2年丹波篠山(ささやま)藩(兵庫県)藩主松平(形原(かたのはら))家5代となる。奏者番,寺社奉行をつとめる。寛延元年転封(てんぽう)となり,丹波亀山藩(京都府)藩主松平家初代。5万石。宝暦13年11月20日死去。68歳。通称は又七郎。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

世界大百科事典内の松平信岑の言及

【亀山藩】より

…丹波国(京都府)桑田郡亀山に藩庁を置いた譜代中小藩。1579年(天正7)明智光秀が丹波攻略の拠点として,亀山城を築き城下町も建設した。光秀の死後羽柴秀勝,小早川秀秋,前田玄以らが在城したが,1609年(慶長14)岡部長盛が3万2000石で入封したのが藩の始めである。以後6大名が交替し,1749年(寛延2)松平(形原(かたのはら))信岑が丹波篠山より入封して8代ののち明治維新に至った。藩領は桑田・船井郡103ヵ村3万石,氷上郡8000石,備中玉島1万2000石の計5万石であった。…

※「松平信岑」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

松平信岑の関連キーワード岡部長備諏訪忠粛宗方煕谷衛衝土屋陳直土方雄貞一柳頼邦水野勝前三宅康武山口弘務

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone