コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

松平信明(2) まつだいら のぶあきら

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

松平信明(2) まつだいら-のぶあきら

1763-1817 江戸時代中期-後期の大名。
宝暦13年2月10日生まれ。松平信礼(のぶうや)の長男。明和7年三河(愛知県)吉田藩主松平(大河内)家3代となる。奏者番,側用人をへて天明8年26歳で老中となる。松平定信(さだのぶ)をたすけて寛政の改革をすすめた。享和3年老中を辞したが,文化3年復職して老中首座。受領名は伊豆守(いずのかみ),「小伊豆」と称された。文化14年8月28日死去。55歳。通称は春之丞。著作に「崇岳詩集」など。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

松平信明(2)の関連キーワード平賀源内アメリカ独立革命イギリス・フランス植民地戦争ワシントン(George Washington)ビュート伯ニューフランスラルサ辺境伯オペラハウスサンドウィッチ(伯)石上私淑言

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android